2008年02月21日

LightWave9.5

LightWave9.5 キタ?

http://www.newtek.com/news/pressrelease.php?viewpr=36

興味あるのは
 New IK Calculation Options for Faster Performance
 New Bone Type - Joints
 New Objective Options for IK
 IK/FK blending
 New Collada, FBX and OBJ I/O
あたりだなぁ。...IK作り直したのね。(^_^;)

Automatonも影響を受けそうだなぁ。

あと何気にこの辺も期待出来るかも。
 Modeler UV Unwrap/UV Relax



続きを読む
posted by noboyama at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LightWave3D、3D関係

2008年02月19日

すごいやつら

1)ここのモーションがすごい。

http://mox-motion.com/demo/

手付けでしっかりアニメーションしている。歩きや蹴りの動きは
非常に参考になる。


最近MoCap取りに参加する機会があった。その時感じたことは
手付けとモーキャプは動きの質が違う。作品を作る場合にMoCap
で行くか、手付けにするかもっと考える必要があると思う。

MoCapについては

・MoCapだと劣化が激しくて生の演技には到底敵わない。
 骨の長さによってモーションは常に劣化する。
 隠れて取れなかった部分は劣化であり、人間が補完する必要がある。
 武器を持っていると先端速度は120psを遥かに超える。
・ちゃんとした演技者を選ぶ。
 アクターの出来でモーションの出来が決まってしまう。
 素人の歩きとプロの歩きは違う。
 シーンに合わせて演技者を選ぶ事が大切。
・CGに登場する人数に応じてアクターの人数が必要。
 出演者が少ないと動きが読まれる。
 人間は意外に動きを記憶している。
 個人の動きの癖を覚えている(Ex.イチローのバッティングフォーム)。

等の問題があることを覚えておいた方が良い。ロードオブザリング
のゴラムみたいにしっかりしたアクターが演技をつけるなら問題
はないのだが、闇雲にMoCapを使うのは止めた方が良いと思う。

2)物理法則がすごい。

2Dに特化した物理シミュレータ「Phun」。UIがいいのでそのまま
DSのゲームに出来そう。

http://www.vrlab.umu.se/research/phun/ HomePgae
http://www.acc.umu.se/%7Eemilk/files/Phun_080213.avi ちょっと重い。

これは次期AfterEffectsに積まれるかもしれんね。

posted by noboyama at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月15日

シリンダー

シリンダーを作るにはLWのTipsにあるTargetを2個使う方法
が一番簡単だ。

ftp://ftp.newtek.com/multimedia/movies/w3dw/Target.mov

ただ、Rigに組み込むにはイマイチLWのTargetって信用出来
ない(注1)この為、通常はIKを二個使って上記Targetと同じ
構造を作っている。毎回これを作るのが面倒なのでATMucle
にアンチスケール機能を追加した。これはMuscleでスケーリ
ングされたBoneの直下にATMuscleを設定すると打ち消すよう
なスケーリングを掛けてくれるものだ。これを使えばIK一個
とATMucle2個でシリンダーが実現できる。

silinder1.jpg

左がATMucle1個、右がATMucle2個(アンチスケール付)
ウェイトとスケルゴンを入れとけば部品化できる。







そのうち他のCarRig設定スクリプトと一緒に公開する予定〜。


ちなみにバネの部分には↓の「マイナスのラインエッジ」ハック
を使って見た。

ftp://ftp.newtek.com/multimedia/movies/w3dw/outlines.mov

通常バネにMuscle(スケール)を掛けるとつぶれちゃうけど
これはレンダリング直前にパイプ化されるので伸び縮みを再
現出来る。いいねこのハック。

注1)LWのTargetはIK/FKの後に動くのでPlugin等の折り合いがよろしくない為。
posted by noboyama at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | LightWave3D、3D関係

2008年02月11日

Powergonで林を作る。

とあることがしたくてスクリプトの実験をする。ところが
LayoutのLScriptではboundingboxが取れない事が判明。
むぅ、これは困った。Meshをフル検索するのはいやなので
方法を探してみた。

そこで発見したのがPowergonだ。

Powergonはポリゴン上にItemやLightを配置することが出来る
初期化ツールだ。初期化にLScriptを活用することでNULLやLight
だけでなくObject等も配置できる。

ftp://ftp.newtek.com/multimedia/movies/w3dw/Powergons.mov
http://secure.dstorm.co.jp/products/lw7/tut75/power.htm

Powergonのコマンドに

LoadObject Y:/gra/trees/tree25.lwo\rPosition \c\r\rParentItem \i\rCreateKey 0

を指定すると

LoadObject Y:/gra/trees/tree25.lwo\r <- 樹木tree25.lwoの読み込み(注1)
Position \c\r <- ポリゴンの中央に移動。
ParentItem \i\r <- 親Item設定。
CreateKey 0 <- キー作成

のスクリプトをPoewergonを適応したポリゴンごとに実行してくれる。

powergon1.jpg

森や町なんかを作成する場合使えるかも。

注1)ディレクトリ指定の場合\ではなく/を使うこと。最初にここで間違えた。
posted by noboyama at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | LightWave3D、3D関係

2008年02月05日

今はこれは精一杯

三面図まで用意してFiat500を作って見た。時間を掛けた
割には適当に作ったものと大して変わらない気がする。
まぁCarRig様の素体なんで気にしない。Rigの方はCyclist
のお陰でこんな感じも出来るようになった。

CarRig20080205.jpg

で動かすとこんな感じ。






ジムカーナーっぽい(^_^.)

特殊なPluginとか使っていないので、このRigならゲーム等で
直接動かせるなー。
posted by noboyama at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | LightWave3D、3D関係

最近の記事