2009年12月31日

JointとMorphの良い関係

久々にLightWave96を使ってみた。

LW96のJointとジェットコースターのハック(骨&Morph)は相性が良い。
Boneの場合位置を移動すると骨が離れて隙間が出来そこがゆがんしまう。
Jointの場合骨の位置を変更しても隙間は出来ないのでスムーズに繋がる。

Bone+Morphだと一旦組んだ軌道を変更するのが難しかった。しかし
Joint+Morphで有れば回転だけでなく平行移動を使って軌道を変えら
れるので表現の範囲が広がる。

下の例では回転と平行移動を組み合わせることでツタのようなものが作れる。









Jointはこの他ににも利点が多いので部分的にでも積極的に組み込むと
良いと思う。特に、骨を組んだあとに位置が移動するような場合
(フェイシャルRigの口周り)はJointを使うと綺麗な変形が行えるのだ。

そんだけ。
posted by noboyama at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LightWave3D、3D関係

最近の記事