2007年12月30日

DELLm1330 デュアルブート化

 XP SP2が手に入ったし、m1330のHDも増強したのでXPとVistaの
デュアルブートに挑戦してみる。しかし、挫折と再インストール
の繰り返しになる。問題点は2つ。

 1)DELLのMediaDirectが癌。
 2)SATAのドライバがXP SP2に入っていない。

 あまりにも面倒だったので一応マニュアルを作っておいた。

-----------------------------------------------
XP/Vistaデュアルブートインストールマニュアル。
-----------------------------------------------
●準備 XP編
・ドライバを収集しCD化しておく。
  nLiteをダウンロードしブータブルのXP CDを作成する。
  SATAのドライバを抜き出しnLiteでXP SP2のCDと統合する。
・SATA関係がうまくいかない場合はBiosでSATA→ATAにする。

●インストール
1)MediaDirect用の準備
 MediaDirectのCDを挿入し、パーテーションを切る。(パテ切り
はC,D以外に選択肢はないので注意)パテ分割の場合でも2を
選ぶ。この時サイズはC:で確保したいサイズを入れる。

2)XPのインストール
 SATAドライバ統合XP SP2の用意がないならBIOSでSATA→ATAに
切り替える。
 c:ドライブへインストール

3)Vistaのインストール
 D:ドライブの位置へへインストール。Vista内ではこっちをC:
としてインストールされる。(^_^)?Vistaだけの時は上記パテ
切りで適当な値を入れC:/D:を確保する。その後、Vistaの上で
サイズの変更を行ったほうが良い。MediaDirect CDの3を選んで
パテ切りをするとインストール時に他のドライブが論理パーテーション
になってしまう。MediaDirectは論理パーテーションを理解しな
いので家マークが自爆ボタンになる。

4)XPを立ち上げてMediaDirectをインストール。
 一応安全も考えてVistaでも同じことをする。

5)自爆ボタンの確認
 家マークを押して自爆しないことを確認する。自爆したら最初
からやり直し orz
以下、失敗要因。
 ・パーテーションはMediaDirect以外で切る事は出来ない。
 ・論理パーテーションは使えない。
 ・パーテーションは4個まで、すべてプライマリである必要がある。
 ・1、4はMediaDiractで使う為、変更不可。4は2G以上必要。
 ・OSのパーテーションはC:/D:しか選択肢が無い。
 ・VistaだけインストールするとD:以下が論理パーテーションになる事がある。
 ・Vistaでパテ切りはしない。パーテーションサイズの変更で
  対処する。変更後はMediaDirectを再インストールすること。
 ・とにかく自爆しなくなるまでドライバのインストールはしな
  い方が良い。振り出しに戻るのはなるべく早いほうが傷口は
  少ない。

6)XP/Vistaでドライバ類インストール。

●その他
 ・ブータブルXP SP2が用意できない場合はデュアルブートは諦める。
 ・CDブートの場合、立ち上がり時に何処かのキーを押さないとCDから起動しない。
 ・起動時にF12で起動デバイスを切り替えられる。Biosもここから選択する。
 ・ATAでインストールした後、STAT化も可能らしいが、うまくいかなかった。
 ・なんとなくXPSP3までデュアルブートは待ったほうが良いかも。SATA関係が解決している気がする。
 ・パーテーションは自由に切れないのであきらめること。
・Inter(R)82801 HEM/MBM SATA AHCI ControllerはDELLにあったものを使用。

●結論 
 MediaDirectいらねぇ! 
 SP3早く出せ!

●追記
 2chの「DELL XPS M1330」必読すること。ここにSATAやMediaDirectの問題とその対応方法が書かれている。
ところで、再インストールしたらVistaが軽くなった気がする...
特に日本語入力、キーボード関係。気のせいかなぁ。
posted by noboyama at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン
この記事へのコメント
遅ればせながら,あけましておめでとうございます.PowerlessUser です.
今頃になって LightWave をバージョンアップし,今頃になって MuscleBone をいじったり,Node なんかもいじっております.
MuscleBone は私の環境の Lightwave のバージョン 9.3 ではリアルタイムに変形しませんが,どうですか?
IK を FK に焼きこめば問題ありませんが.
そんなことより,MuscleBone で脇周辺の変形が自然になって満足です.
また,私は ATMuscle をこんな感じで改造して MuscleBone の体積を一定に保つようにしました.

@version 2.8
@warnings
@script motion
var G_muscleBone = nil;
//
create: obj
{
  G_muscleBone = obj;
}
//
flags
{
  return(AFTERIK);
}
//
process: ma, frame, time
{
  if (G_muscleBone == nil) {
    return;
  }
  childBone = G_muscleBone.firstChild();
  muscleLength = G_muscleBone.restlength;
  if (childBone == nil) {
    return;
  }
  ikControl = childBone.goal;
  if (ikControl == nil) {
    return;
  }
  scale = ma.get(SCALING, time);
  setdesc("ATMuscle ", childBone.name, "(", ikControl.name, ")");
  if (strright(G_muscleBone.name, 7) == "_Muscle"
  && strright(childBone.name, 3) == "_IK") {
    vPos1 = ikControl.getWorldPosition(time);
    vPos2 = G_muscleBone.getWorldPosition(time);
    dDiff = vmag(vPos1 - vPos2);
    if (muscleLength != 0.0) {
      scale.z = dDiff / muscleLength;
      if (scale.z != 0.0) {
        workScale = sqrt(1 / scale.z);
        scale.x = workScale;
        scale.y = workScale;
      }
      ma.set(SCALING, <scale.x, scale.y, scale.z>);
    }
  }
}

日本の CG 関連のブログは製作日記のようなものが多い中で,noboyama さんのブログは内容的に貴重だと思います.

では,今年もよろしくお願いします.
Posted by PowerlessUser at 2008年01月05日 08:45
あけましておめでとうございます〜。

>MuscleBone は私の環境の Lightwave のバージョン 9.3 ではリアルタイムに変形しませんが,どうですか?

こちらでもおかしくなりました。どうもLW93XだとFK->IK->FK焼きこみが巧く動いていないみたいです。
細かい部分は環境がないのでなんとも言えませんが、明日戻った時にもう少し細かく追ってみます。

>また,私は ATMuscle をこんな感じで改造して MuscleBone の体積を一定に保つようにしました.

GoodJobですよ!。このロジックいただきです。二、三日中にAutomatonのLW931修正版を出すので
そのときにこの機能を追加しようと思います。





追伸 ATItemPickerProのレジストリチェック外すかも〜。
Posted by noboyama at 2008年01月05日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8950635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

最近の記事