2010年12月12日

話題のKinectを買ってきた

箱○は持ってないけどな!(まさに外道)AA略

1) Kinect購入までのデータフロー
 Kinectハックの映像を見ていたら物欲に取り付かれる。キタ━(゚∀゚)━ !!
  ↓
 でも画像処理とかやったことが無いので諦める。('A`)
  ↓
 とりあえず噂のOpenCVで画像処理の勉強して見よう。
  ↓
 あれ?結構楽しいかも。
  ↓
 USBカメラで肌色検索出来たー。
  ↓
 バックの色と混じってうまく切り出せない...
 おまけに安物のUSBカメラじゃ性能悪すぎ。
  ↓
 新しいUSBカメラがほしいなぁ。
  ↓
 Kinect購入!      あれ?
          ( ゚д゚ )
       _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_


2) 実践編
 と言う訳であっちの世界へ行ってみる(注1)。
nodta1.JPG

うーん、カメラのキャリブレーションが難しいなー。
Depthの歪みとRGB画像のレンズ歪みが合ってない気がする。
中央であわせてもチョット外側へ行くとズレが出る。
なにか対策を考えないといかんね。

注1) 寝起き頭、ヒゲ面、パンツ一丁なんだけどあっちの世界に行ってるので無問題!
  頭はマスクが悪いのでぼさぼさなのがわかるなぁ(^_^;)
  

注2) 金も暇も無いのにこんなもの買って! 俺の馬鹿バカばかぁ orz
posted by noboyama at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月12日

久々に更新(海外でGPSの巻)

といっても書くことあんまり無い。なので海外へNuviを持って
行った話を書いてみる。

sakurazima_banjpg.jpg 飛行機から見た桜島(大噴火)

夏休みで台北へ行ったんだけど、Nuviに飛行機(Loging control)
モードがあると聞いて実際に試してみた。窓際ならば4〜6つ
ぐらいの衛星を捕まえることが出来るみたい。

1137.jpg 軌跡
1162.jpg 自己最高速だ!

問題はこの飛行機モードだとXGP軌跡Logが残らない。orz
本体では見れるのでどこかにデータがあるはずなんだけど...。(注1)

83.jpg
都市部だとGPSの精度がいまいちだし、地図もOpenStreetMapの
(とても)大雑把なものしか無かったんだけど予想以上に役に
立った。土地勘もなく案内も読めない所で「大体この辺かな?」
が判るGPSの効果は絶大だ。今後、海外でGPSが当たり前になる
時代が来る気がする。まぁその前に正確な海外の地図を安価で
手に入れることが出来ないと話にならないが。この辺はGoogleの
Androidに期待かな?

ちなみにいつもの轍で町ブラした日のログを作ってみた。
map.jpg画像クリックでページへジャンプ

台北の美味しいお店 POIデータ(^_^)

注1)これを書いている最中にこんな記事を見つけた。
続きを読む
posted by noboyama at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年07月04日

ReTargetの研究5(刀RigのRetarget)

RetargetRigの話もこれで最後だ。

刀等の武器を持ったモーションの転写は非常に難しい。ちょっとの誤差で
ずれ、めり込みを起すからだ。しかし、RetrgetRigの理屈を応用すれば
もっと複雑な武器モーションもコピーすることが可能だ。重要なのは
刀Rigにスケーリングを掛けてモーションの軌跡を拡大することだ。

武器モーションの転写をする場合には胸を中心にした刀Rigを作成する。
同じ構造の刀Rigをコピー先でも構築しておく。次にモーションに従って
コピー先のシーンにFootStep(LoakItem)を必要な個数だけ追加しておく。

その後、MapMotion2を起動し付属のmapfile/mot0_0.txtでキャラクタの
モーションを読み込む。(前回のモーション読み込みを参照)その後
MapMotion2をもう一度起動しNullのモーションだけ追加する(Trns/Rot/Scale)。
2度目のMapMotion2でFootStep(LoakItem)の情報や付加した刀Rigの
モーションが読み込まれる。

モーションがロードされたら刀Rigの基準(Null_Const)をスケーリングし
モーションの大きさを調節する。katana.lwoでスケールを相殺するのを
忘れないこと(手のサイズはBaseと変わらないため)。また、モーションが
歪まないように3軸のスケールを揃える必要がある。

足はチョット複雑で
 1)足自体のスケーリング
 2)フットステップのスケーリング
 3)Mastarのスケーリング
の必要がある。

1)はNull_FootScaleのスケールコントローラを調節することでモーション
 の大きさをあわせる。
2)FootStepは上記コントローラをコピーし(同じスケールにする)それを
 FootStepの親にする。この時格FootStepでスケールを相殺するのを
 忘れないこと。
3)Mastaerはスケールを掛けられないのでGraphEditer上でモーションを
 拡大する。

で出来たモーションがこれ。








刀RigRetargetサンプル:retarget2_20100704.zip

こうした武器モーションの転写は他のツールを使っても結構難しいが、
補助RigスケーリングとFKのコピーでも何とかなる。技術的にも補助Rigと
スケール相殺しか使ってないのですべてのCGツールで使える技(注1)
なのでお試しあれ。

注1)もともとゲーム用に考案した手法なんだけどゲームの企画自体がぼしゃった orz
注2)これを使うとゲーム内のモーションの共通化が出来る(はず)
注3) このごろゲーム系の仕事してないので使い道がない orz

そんなこんなで終わりっす。

最近の記事